サラ金 即日融資 時効 取り立て

サラ金からの借金には時効がある?

サラ金から即日融資で借りたお金、「本当に困っていたから助かった、ありがとう」とその時には思っても、時間が経つに連れてその気持ちは薄れ、借金したことを記憶から消し去りたい気持ちにさえなる頃、返済日はやってくるものですよね。

 

消費者金融への返済日であることは分かっていても、お金がないから払えないという時には、逃げることができればどんなに楽かと考えることもあるでしょう。
また、返済しないとどうなるか考えると共に、踏み倒しはできるのか、時効はあるのかと思う人もいると思います。

 

コチラではサラ金の借金返済に関連した2つのことについて解説していますので、サラ金の返済や取り立てから逃げることを思案中という人にも役立つことでしょう。

  1. サラ金で借りたお金の返済には時効がある
  2. サラ金の借金の取り立てから逃げることは可能か

 

結論、サラ金からの借金には時効アリ!

結論から先に言うと、実はサラ金から借りたお金の返済には時効があるんです。

 

時効と聞くと刑事事件をイメージする人もいると思いますが、お金の貸し借りについても時効期間が設けられていて、銀行や消費者金融、信販会社などから借りたお金の時効については5年ということになっています。

 

時効が成立すると取り立てをされることもなく、もちろん借金返済の義務もなくなるんです。
ちなみに個人からの借入れについては10年という時効期間が設けられています。

 

 

サラ金で借りたお金、時効の成立には「時効の援用」が必要

サラ金からキャッシングしたお金は基本的には5年間で時効を迎えますが、だからと言って5年が過ぎたらすぐに時効が成立することにはなりません。

 

時効が成立するには、「時効の援用」が必要になるのです。
具体的には内容証明郵便により時効期間が経過したこと、そのために返済はしないという意思をカードローン会社やキャッシング会社に伝える必要があります。つまりこの行為が時効の援用と言われる手続きとなるのです。

 

時効期間が経過しない「時効の中断」について

サラ金からの借金の返済義務は5年間で時効になることになっていますが、ただしこの期間が過ぎてしまえばどんな場合でも時効が成立するとは言えません。

 

「時効の中断」となる理由に当て嵌まることが起きた時、時効期間は一時中断されてしまうのです。
時効が中断される理由とは次のようなこととなります。

  • 返済の滞納などにより裁判に掛けられている:時効期間は判決の確定から10年となる
  • 支払い猶予の申し込み・借入元金や利息の支払い
  • サラ金から請求書が送付され6か月以内に裁判が起こされた時

このような理由に該当する場合に時効は中断し、その後の時効期間は初めの時点に戻ってしまうため、時効の成立には上記の時点から5年あるいは10年の期間の経過が必要となるのです。
【参考:借金の時効援用について

 

サラ金の借金の取り立てから逃げることは可能?

サラ金の取り立てと言うと、どうしてもドラマや映画、そしてテレビの夕方のワイドショーでたまに取り上げられる闇金の取り立てをイメージしてしまうかも知れません。

 

ですが、今のサラ金は以下のように貸金業法のガイドラインに沿って取り立てを行っていますので、身の危険を感じたり怖いと思うような取り立ては行っていないのです。

 

結論から言うと、即日融資も可能で更には30日間無利息サービスも提供してくれている人気のサラ金なら、借金の取り立てから逃げることは可能と言えるでしょう。

 

貸金業法による取り立てついての禁止事項
  • 正当な理由なく午後9時〜午前8時以外の時間帯に電話・FAX・訪問などの方法で取り立てしてはいけない
  • 正当な理由なく勤務先など自宅以外の場所へ電話・FAX・訪問などをしてはいけない
  • 債務者宅へ訪問する場合、退去を求められたら従わなければならない
  • 債務者以外の第三者に借金の事実を知らせる行為をしてはいけない(貼り紙・立て看板など)
  • 債務者に返済のためのお金の調達に他からの借入れを要求してはいけない
  • 債務者以外の第三者に返済を求めてはいけない
  • 債務整理の準備に入ったことを弁護士から通知された場合、取り立てを行ってはいけない

【参考:借金督促(取り立て)の9ルール。これに違反していたらすぐに警察へ

 

 

貸金業者としての登録をしている正規のカードローンやキャッシング会社ならば、上記のような取り立てに遭う心配はありません。

 

サラ金の取り立てから逃げる際に注意するべきこととは?

安全なサラ金業者なら日常生活に支障をきたすような取り立てをされる心配はありませんが、人により法律の範囲内での取り立てであっても借金から逃げることを考えてしまう場合もあるでしょう。

 

ただし即日融資も可能で安全で便利な消費者金融ならば1日中見張られるなんていうことはないため、債務者がサラ金の取り立てから逃れるために夜逃げや引っ越しなどをすることは充分に可能と言えます。

 

しかし、サラ金から逃げる理由が取り立てが怖いということならば、法律を守っているキャッシングサービスでしたらその必要性はないというのが一般的な見解となっているんです。

 

それでもサラ金の取り立てから逃げることを希望するのであれば、住民票を今のままにしておくことがおすすめとなります。
金融業者ならば債務者が住民票の移動をするとそのことが分かるような仕組みとなっているからです。

 

ただし住民票を移動させないことで日常生活に支障を感じることも多々出てくることでしょう。それならばサラ金の取り立てから逃げるよりも債務整理をするため弁護士に相談する方がおすすめできます。
【参考:借金の取り立てから逃げることはできるのか?